無排卵月経の原因って何?|なぜ排卵しないの?

無排卵月経の原因って何?なぜ排卵しないの?について記しています。
マカロン
ナポレオン
HOME

無排卵月経の原因って一体何なの?

無排卵月経の原因って一体何なのかを紹介します。

・ストレス
・無理なダイエット
・不規則な生活


これらが原因で、無排卵月経になることがあります。

ストレスを抱えていたり、無理なダイエット、そして不規則な生活をしていると、どうなるか?

女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。

女性ホルモンのバランスが崩れることにより、無排卵月経になってしまうことがあるのです。

通常であれば、脳から卵巣に、女性ホルモンを分泌するように命令がでます。

しかし、上記のような原因があると、その命令が妨げてしまうのです。

それにより、卵胞の発達が悪くなり、うまく排卵できなくなってしまいます。

このように、日常生活によって、無排卵月経になることがあるのです。

このほかにも、卵巣機能の異常や多嚢胞性卵巣症候群という病気によっても無排卵月経になることがあります。

妊娠したいのになかなかできない、そんな方は一度きちんと排卵しているか調べてもらうといいでしょう。

無排卵月経の症状ってあるの?

無排卵月経の症状にはこのようのものがあります。

・月経周期がバラバラ
・出血がダラダラ続く
・生理痛がない


これは人それぞれなんですが、無排卵月経にはこのような症状があります。

無排卵月経の人は、よく月経周期がバラバラになります。

通常は28日くらいが月経周期になるのですが、無排卵月経になると生理が月に2回も来ることがあります。

そして、月経の量が少量で、ダラダラと長引いてしまうことも。

また、生理痛がないという人も多いんです。

これらの症状が該当したからといって、すべての人が無排卵月経とは限りません。

月経周期が早い人もいますし、10代であればまだ月経周期が安定していない人も少なくありません。

それに、無排卵月経が原因ではなく、不正出血があることもありますし、生理痛が元々ない人もいます。

しかし、妊活して長いのに未だ妊娠できない、そんな人はもしかしたら無排卵月経の可能性があるかもしれません。

そんな人は、基礎体温を測ってみたり、一度医師に相談してみるといいでしょう。

無排卵月経は漢方でよくなる?

無排卵月経は漢方でよくなることがあります。

漢方は、服用することで体質を改善することができます。

無排卵月経の原因の多くが、ホルモンバランスの乱れなんです。

ホルモンバランスの乱れの原因は、生活習慣によるものなどがあります。

そのため、体質を改善することで、ホルモンバランスが整い、無排卵月経が良くなります。

ただ、人によっては漢方で効果が出ない人がいたり、無排卵月経の原因が漢方では治らないことがあります。

その場合は、漢方ではなく薬で原因を改善したり、排卵誘発剤で排卵させたりします。

もし、無排卵月経を漢方で治療する場合、よく処方されるのが当帰芍薬散です。

ほかにも、桂枝茯苓丸や桃核承気湯などがあります。

漢方には、婦人病に効果があるものが沢山あるんです。

そのため、医師によって処方される漢方が違う場合があります。

また、その人の体質によっても処方される漢方が違ったりします。

漢方で無排卵月経を治療したい場合は、医師または薬剤師に相談してみましょう。、

そして自分に合った漢方を処方してもらいましょう。
道
Copyright (C) 2014 無排卵月経の原因って何?|なぜ排卵しないの? All Rights Reserved.